inf.DESIGN ネームオフ





logo.jpg

name-off

ネームオフ


ダイレクトメールや請求書等の廃棄の際に、宛名や請求書の金額など他人に見られたくない部分だけを切り取ることに特化した、シュレッダーとは別の発想から生まれた個人情報保護のための文房具

no2.jpg

ご使用の前に


1)使い始めに切り取った穴の周辺に油がしみることがございますが、刃に塗ってある潤滑油です。使用につれて刃になじみ、動きがよくなります。


2)まれに油が本体に付着していることがございますが、その際は余分な油を拭き取ってからご使用ください。


3)ご使用中に切り取った紙片が刃と刃の通る穴の間にはさまり、刃が動かなくなるトラブルを引き起こすことがございます。ご使用時には次の点にご注意ください。

  • パンチは1回ずつ確実に、ゆっくりと行ってください。
  • 一度切り取った穴の周辺でパンチを繰り返しますと、紙片がどんどん小さくなり、はさまりやすくなります。近い場所でのパンチは、2〜3回までとしてください。
  • パンチした時の感触が「パチッ」ではなく「グニュ」ときたときは、紙がよれてしまっています。その際はそれ以上レバーを押し込まず、お買い上げいただいた際の箱に同梱されている注意書きの<刃が戻らなくなったときの解消方法>をお試しください。(本サイトQ&Aページにも記載がございます。)

*特に使い始めは潤滑油が多めのため、切り取った紙片が刃にはりつくことがございます。

*ビニール・ビニールコーティングした紙は切り取れませんので、ご使用はお控えください。

基本の操作


il1.gif

1)穴を開けたい部分を本体に差込み、パンチの要領で文字をカットします。


2)穴を開けたい行数分、動作をくり返します。



-ご使用のポイント-

il2.gif

ⅰ)真上から見て、レバー前方の凹部分★の中心を文字の中心が通るようにハガキ等を差込んでいきます。

*封筒は中身を取り出した状態で差込んでください。

il3.gif

ⅱ)レバーが上がっている時、上面マーク※が穴開き位置の目安になります。この位置のところまで文字がくるようにハガキ等を差込んでください。



il4.gif

ⅲ) 洋型封筒や大型封筒などパンチ刃が届かない場合や、中身を出さずに廃棄したい場合は、宛名の横にカッター等で切り込みを入れ、そこから本体を差込んでください。

収納フックの使い方


fukku.gif

1)収納時はレバーを押え、本体後方のフックをレバー後方の凹み部分に引っ掛けて、レバーをロックしてください。


2)クズ受け側に出っ張りのついているモデルもございます。その出っ張りは、使用中にフックが動いて勝手にロックされることを防ぐために、使用中にフックを固定させておくためのものです。



*使用時にフックをはずす際は、バネの力でレバーが急に持ち上がりますので、ケガのないようご注意ください。またはずみでフックがはずれることもございますので、合わせてご注意ください。

パンチクズの捨て方


kuzu.gif

1)外すときはクズ受けの後方より、本体下部から引きはがすようにして取り外します。


2)取りつける時は、逆にクズ受け前方をまず本体下部に引っ掛けて、そこから徐々に後方に向かってはめ込んでいきます。



*クズはこまめに捨ててください。パンチ刃が下りにくくなります。

*クズ受けをはずしたまま使用しないでください。思わぬケガをすることがあります。